ゲンダイのみかた

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/01(月) 22:01:22

[政治(菅政権)] 事業仕分けが冴えない

あの政権交代は何だったのか
無駄遣いの温床だった特別会計に切り込み、巨額の埋蔵金を掘り当てる。そんな成果が期待されたが、肩透かしに終わることがハッキリしてきた。

18特会の48事業のうち、廃止が決まったのは4特会の8事業。削減可能な金額は、たった250億円。

民主党政権の発足から1年あまり。試行錯誤を言い訳に公約を実行しない民主党が、なんとか国民に政権交代を実感させたのが事業仕分けだった。民主党議員を中心とした仕分け人がズバスバと切り込む姿は、見せ物としてもウケた。それが3回目にして、大した成果が出ないことがばれてしまった。

その理由は
「蓮舫大臣以下の民主党議員が勉強不足とやる気なしで、財務省のシナリオ通りに仕分けをやっているから」
「財務省の隠しガネは70兆円から80兆円はります。すぐに取り崩せないものもあるが、鳩山政権では10兆円を出させたし、特会の剰余金は29.5兆円はありますから、菅首相にリーダーシップがあれば、10兆円や15兆円くらい出させることは簡単なことなのです。蓮舫大臣たちがなぜこの埋蔵金にメスを入れようとしないのか本当に不思議だし、特会にムダはありませんでした。これでは予算は組めないので、ついては増税をという流れに持っていこうとしているのなら、とんでもない腐敗政治。政権から退き、小沢さんのようなもっと力のある人に代われと言いたいですよ」
(経済アナリストの菊池英博氏)

みんなの党の渡辺喜美代表は、
「ピント外れ。最も効果が出るところを通り過ごし、細かいところにスポットを当てている」

朝日新聞は、「民主党が総選挙のマニフェストで掲げた諸政策を行うための財源16.8兆円の確保はほぼ不可能」と報じた。毎日新聞はやっぱり増税?」と書いている。

マスコミは「はい、いくら特会を洗っても何も出ないですよ」「あとは増税しかありませんね」と財務省の手先かグルになっている。

菅首相は「一に雇用、二に雇用、三に雇用」と言っていたが、雇用が改善するムードはゼロ。「国民の生活が第一」のはずなのに、暮らしの先行きは真っ暗である。

「これほどひどい政権は自民党時代にもなかった。景気が悪いのに、経済問題に取り組もうという積極性やスピード感がないから致命的です」(政治評論家・山口朝雄氏)

結局、昨年の政権交代は、小沢一郎元代表の政治生命を奪い、仙谷官房長官にフリーハンドを与えることだったとすれば、国民は最悪の選択をしたことになる。

(日刊ゲンダイ 2010/11/01 掲載記事より)
 ※記事は編集しています。

晒し者にされている官僚たち。彼らは、いずれ民主党政権はいずれ行き詰るとみています。嵐が去るのをひたすら待っています。
1ドル80円を切りそうな気配の中で、外為特会が20兆円もあるのなら、このときこそ投入すべき。しないのなら、積み立てている意味がない。米国がドル安政策を続けるのなら、米国債売却を匂わして牽制すべき。
みんなの党の渡辺氏の言うことは、国有資産の売却を念頭に入れたもの。確かにムダな資産はたくさんあるようですが、国を外国に売り渡す恐れがあり…、注意すべき。
埋蔵金捻出どころか、隠れ借金を持ち出してきました。簡単でないのは分かるけれど、お金に色をつけていてもしようがない、積み立てる余裕があるなら、借金は早く清算してしまえばいいと思うけど、どうでしょう?


   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

「尖閣ビテオを観て…」、これが「衝突なのか」
緊急寄稿 【田中康夫 にっぽん改国】より
前編は、巡視船「よなくに」の左舷尾に中国漁船の左船首がぶつかった前後。後編は、その約40分後に巡視船「みずき」の左舷中央部に中国漁船の船長がぶつかった前後。が、それを「衝突」「追突」「接触」のいずれと捉えるか、批判を恐れずに申し上げれば主観の問題ではないか、と思われる程度の「衝撃」なのです。出席していた複数の議員も、同様の見解を僕に呟(つぶやき)きました。

(日刊ゲンダイ 2010/11/01 掲載記事より)

◎記事はそれぞれ抜粋です。記事の全文はこちらを⇒ゲンダイオンライン


文章は読みづらく、何を言いたいのか理解に苦しむ場合もある田中くんのコラムですが、その批判は決して的外れでないことは後で分かります。過去記事含めて、ご一読をしてみては…。(⇒田中康夫 にっぽん改国)

◆今日のゲンダイネット
なぜ!?羽田元首相の次男が「世田谷区議選」出馬
 最近都内で見かけたこのポスター。なんと、羽田孜元首相(75)の次男・次郎氏(41)が来年4月の世田谷区議選に民主党公認で出馬するのだという。総理経験者の息子が国政ではなく区議選という“超ローカル選挙”に出馬するのは前代未聞のことだ。しかも、元首相の地元の長野県内ではなく、なぜか世田谷区。いったい何があったのか。(⇒記事全文)

◆過去記事
○TPP参加で迫られる自民党時代の「負の遺産」の清算
○来場者水増しの東京観光財団で またデタラメ発覚

リスクはありますが、やはり記事は旬なものでなくちゃ…。

スポンサーサイト
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する

2010.11.03 | URL | #- [ 編集 ]

何百人も連れて中国様詣でした男に、向こうから友好を申し出てくるとかねえ・・・

自分がありがたいご本尊小沢様をいただく小沢教の狂信者だってことにまだ気づかないのか。

2010.11.03 | URL | 半造 #FXbBe/Mw [ 編集 ]

  昨日のゲンダイ1面、あのルーピー鳩山短命内閣でも上場企業の経常利益8割増ですよ。小沢さんが3年首相を務めればどの位の景気回復が見込めるか、想像に難くありません。これはド素人ではなく、その道のプロの予想ですから。次に中国関係は向こうから友好を求めてくる筈です。当然経済交流も潤滑に活発化。沖縄問題は即解決とはいかないでしょうが、沖縄の声を米国に伝え、自衛隊を含む国土防衛の再編を提唱した筈です。国内では地方分権、検察改革、年金改革、特別会計の切り崩し、マスコミのラ・テ・紙一体の見直し、会見報道の開放、新興宗教法人課税、雇用と社会保障の緊急対策など、国粋主義を脱して中央を開放し、国民の現在と将来の生活を保護する政策には必ず手を打ったと思います。少なくとも↓こんな意味不明の妖怪が跳梁跋扈することはない筈です。

  九尾・七尾のキツネ、猫又、オコジョ(大崎狐)―みんな尻尾が割れていて人間に憑依して発狂させる魔物だそうです。今度は幸福の科学の広告と書籍の紹介をしていますが、こんな奴らが“ありがたいご本尊”の正体かも知れません。いつの世も帝王・独裁者は天の神から権限を授かった!というものです。フランス革命の共和政や共産党政権のいいところは宗教から権力を剥奪することなんですよ(参照:ナポレオンやムッソリーニのコンコルダート)。ブッシュや清和会は宗教大好き、福祉国家から自由競争国家への移行を図る仏サルコジ大統領も宗教容認の立場です。フランスの大規模なデモ。結局宗教というのは人間の特権意識に通じてしまうのです。誰だって自分を特別扱いして欲しいのですから。そうした特権意識を廃して自分や環境に対応するところに宗教的真理があるのでは??現在の不祥事は何かしら特権絡みでしょう。バカ息子の不始末事件とか・・・ 「聖域なき構造改革」これを文字通り実行できるのは小沢さんしかいませんね。

2010.11.03 | URL | #- [ 編集 ]

小沢様が首相になれば全部解決、日本は素晴らしい国になりますよ、ってか?(笑)
どうしようもないな狂信者、自分が反日極左売国奴って自覚できんのか?

2010.11.02 | URL | 半造 #FXbBe/Mw [ 編集 ]

  だからさ~、文化の違いはあれど人間の尊重する「美徳」ってものは古今東西それ程変わらないわけ。「普遍的価値」っていう位でせう。康夫ちゃんはオネエ言葉でJAL批判をしていた時代から長野知事を経てすっかり進化してしまったやうです。週一のコラムに思いの丈を詰めるには紙幅が少なすぎるのでせう。ご結婚おめでとうございます。

  前原やここに投稿する似非右翼の輩は自分らの存在・言動・政見が日本の国際的威信を低下させているとは夢にも思っていない。その傲慢な態度こそが日本人の自省できない呪われた指向性・習癖だと中国は看做しているからこそ、「まるで話にならないよ」とタブーの海域で故意に挑発してくるのです。それもこれも前原やお前らが無理解で自省できない人間だからです。「更生不能の白痴」というのは誇張でも何でもありません。前原派と彼を支持する国民が自らの手で日本国家の衰亡を手繰り寄せ、それに気付かず自己陶酔が増長する無様な醜態を指しているのです。資本主義で中国も南アフリカもグローバル、「チャンコロ!」「黒んぼ!」と呼ばれて黙って泣き寝入りする人種なんか現代世界のどこにもいませんよw 国民の政治意識・社会秩序に対する良識、改善の意欲は先進国的な文化様式の顕在度や洗練度とは全く別です。社会正義も公正中立も失われているのに、中国を批判する退廃的な自国の論調・姿勢をまず反省すべきです。まず日本に「まともな社会」を作って米中と友好関係を築けばいいのです。法律もジャーナリズムも経済学も苦い経験もマニフェストも専門家も労働力も資本金も現に(おそらく充分に)あるのです。どうしてこんなにも偏向し、腐敗する必要があるのでしょう。もっともっと真剣に現実化に取り組み、机上立案と現場実践との議論がせめぎ合い、新時代が築かれるべきでしょう?前原の酷さはただ言い方だけがまずいのではない、もっと根本的な人的不信感です。そんな奴が政府の要人、それがニッポンの現実。

2010.11.02 | URL | 二階堂 力 #- [ 編集 ]

管理人さんに一言

中国漁船衝突問題で、中国漁船を擁護するような記事を書かれることの真意がわかりません

確かに、あなたが田中氏の記事を参考にしておっしゃっておられるようにただの接触だったかもしれませんが、だからと言って、一人の日本人として、ここまで中国人から悪しざまに言われて、それでもなお中国人を弁護するような記事が書けるでしょうか
私には、とうていできません 日本人としての意識を持つべきだと思うのですが それとも管理人さんは中国の方なのでしょうか

2010.11.02 | URL | 二階堂 力 #- [ 編集 ]

ここまで、こじれた日中関係
もし田中角栄さんだったら現内閣なんか無視して中国へ飛んで行ったはず
小沢さんは、あれだけ中国との太いパイプをもっているのに、中国へ行こうともしない
「俺は知らない」と変なところで意地を張ってる…小沢さんも所詮はこの程度の男だったのかと失望した
現内閣のためではなく日本国の為に行くという発想がどうしてでないのか…これが田中角栄と小沢一郎との決定的な違いだろう
こんな小人物の小沢さんに総理の職を期待するのは難しいだろう

トラックバック:0 - http://octhan.blog62.fc2.com/tb.php/9-d05a8d7f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。