ゲンダイのみかた

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/28(木) 20:59:10

[政治(菅政権)] 無党派層は、なぜ民主党を見放したか

菅民主党がなす術(すべ)もなく惨敗した北海道5区補選で、いちばん驚かされたのは、無党派層の投票行動だ。
読売新聞の出口調査によると、無党派層の45%が自民党の町村信孝(66)に投票。38歳で元国交省職員の民主新人は33%だった。菅首相や仙谷官房長官が言う通り「政治とカネの問題が響いた」ならともかく、読売の調べでは、補選で選挙民が重視した問題のトップは「景気・雇用対策」、次が「年金など社会保障」で、「政治とカネ」は9%に過ぎない。つまり、無党派層までが「生活」を考え、自民党支持に回帰しているのだから深刻だ。

ある民主党幹部が嘆いた。
「無党派層の支持は民主党の専売特許みたいなもので、昨年の政権交代の原動力になった。北海道は特にそうでした。その無党派層が民主党を見限り、よりによって政治の腐敗・堕落の“象徴”のような嫌味で上がり目もない町村に流れたのだからイヤになります」

無党派層が民主党に愛想を尽かした理由は言うまでもない。「国民の生活が第一」の理念は捨てられ、菅政権が官僚の言いなりになっているからだ。労組以外にこれといった既得権益集団と縁がないのが民主党の良さでもあったのに、今や官僚組織ばかりか、大マスコミや経団連をはじめとする旧勢力のご機嫌伺いをしている。やっていることは自民党政権と同じなのだ。だったら、アマチュアの民主党よりも、経験だけはある自民党の方がマシとなっておかしくないのである。

この4カ月間で菅・仙谷コンビがやってきたことといえば、支持率狙いの小沢潰しだけ。この国をどうしたいのか、何をやりたい内閣なのか。ビジョンがさっぱり見えないから、参院選で大敗し、補選でも劣勢を覆せない。おまけに「脱小沢」だけで稼いできた支持率もどんどん下がっている。時事通信の調査では、もう「不支持」と同率だ。最大の支持基盤だった無党派層に見放された菅民主党政権の寿命がハッキリしてきた。

=以降抜粋=
・「このままじゃ政権は溶解する。自公政権と同じになる」(国民新党代表亀井静香氏)

・税収の極端な落ち込みで、来年度本予算は組めないのではないか、という声があり、来年3月には菅政権は完全に行き詰る可能性がある。

・「仙谷官房長官は菅首相を捨て、前原外相をトップにして来春解散に踏み切るが、総選挙で大敗し、民主党も自民党も過半数を取れない」(政治評論家・浅川博忠氏)
※菅よりも、さらにエキセントリックで視野が狭い前原に、この国の政権運営など100%不可能。
※公明党やみんなの党と連携しても、政治が機能するはずもなし。

代表選で、小沢は「できないことはできないと言うが、約束したことは必ず守る」と宣言した。官僚機構を打破するために、今日まで政治家を続けてきたとも言った。政治経験が豊富でツボを心得た小沢だったら、あらゆる面で民主党は力強い政党になっていた。補正の中身も、官僚をドヤしつけてでも、内需拡大と円高ストップでメリハリをつけたはずである。尖閣問題でも、中国と独自ルートがあるから、検察に責任を押し付けるような幼稚なことはしなかった。政権交代のダイナミズム見せてくれたのは間違いない。

・「民主党は26日(火)、自粛していた企業・団体献金の受け入れ再開を決めた。マニフェストに掲げてきた『企業・団体献金の禁止』をあっさり反故にした。何を考えているのか。権力の座についたら何でもアリなのかと見られたら、国民からますます見放される」(法大教授・五十嵐仁氏=政治学)

小沢排除、小沢潰しして喜んでいる菅と仙谷の罪は、万死に値する。

(日刊ゲンダイ 2010/10/27 一面記事より)

小沢一郎の政策を思い出してほしい (⇒2010/10/28 olivenews)
先の民主党代表選の小沢一郎の掲げた政策を思い出してほしい。
世の小沢クロ報道に馴れたひとたちも小沢氏の政策には驚いたのではなかったか。そこには、この国の進むべき方向がじつに明快に示してあった。
 ・昨年の政権交代の約束をしっかり履行する
 ・財政再建の前に行政のムダの徹底削減・脱官僚
 ・特別会計の全面的組み替え
 ・従来の対米従属路線から自立路線への変更
 ・沖縄普天間問題は両者納得のゆく再交渉を

 (⇒記事全文)

あのとき、小沢さんが代表選に勝ち、小沢総理になっていたら…。返す返すも残念なり。
「企業・団体献金の禁止」の反故こそ、「政治とカネ」の重大な問題だと思う。
TPP加盟は小沢さんも支持していたこと。その代わりに”戸別補償”で農家を保護していくとしたはずです。

”閉鎖”を宣言した当ブログですが、やはり、伝えたいものは伝えるべき…(~o~)
ただ、著作権侵害をしないように、一日遅れの記事を途中から(拙い)編集をしていますm(__)m
大丈夫かな…?


◆今日のゲンダイネット
好対照!与謝野(たちあがれ日本共同代表)生方(民主党議員)
「リンチ裁判をやるな」で株急上昇
 たちあがれ日本の与謝野馨共同代表の「株」が急上昇だ。自民党などが求めている小沢の証人喚問について「国会で大衆のリンチ裁判をやってはいけない」と言い切ったのだ。小沢事件では、法治国家とは思えない「魔女狩り裁判」の手続きがドンドン進んでいるのに、なぜか身内の民主党幹部は静観したままだ。
 (⇒記事全文)

スポンサーサイト
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する

2010.11.01 | URL | ワルキュ~レ #QMnOeBKU [ 編集 ]

こんばんは
 ご無沙汰しすぎてしまいました、すみません。

無党派層が見放すのは当然でしょうね
 政権交代が支持されたのは「国民の生活が第一」を実践すると信じたからでしょう
 それなのにやってることが正反対「国民の生活が第一」を踏みにじってばかり
しかも敗北の責任を取らないどころか「小沢が悪い」と責任転嫁ばかりやってる
 これで支持なんて「冗談ポリバケツ」ですよ

企業献金再開にしても、要するにカネの使い方が悪いだけ
 それを理由をこじつけて正当化しようとする卑劣さ
 情けないですよ

早く小沢体制に替えないと国も民も沈みます

少しお知らせを
 【必見】本日前田元検事を「特別公務員職権乱用罪」で告発した『健全な法治国家のために声をあげる市民の会』( @shiminnokai21 )の岩上安身氏インタビュー
http://bit.ly/9tWoEA 会のWebサイト→http://bit.ly/apUpOE

 【検察問題】これは高画質ですね。: YouTube - 検察・検審を糾弾するデモ2010/10/24(1)
http://youtu.be/SHjowFt1D0w
11月5日に第2弾が予定されています

2010.10.30 | URL | 莫郎(本名伊藤兼吾) #w3Iae7Hk [ 編集 ]

これからも頑張ってください。大体毎日見てます。
日刊ゲンダイも勿論頑張ってほしい。しかし講談社の対応は解せない。

2010.10.29 | URL | real #L7N0GkrQ [ 編集 ]

>あのとき、小沢さんが代表選に勝ち、小沢総理になっていたら…。返す返すも残念なり。

お言葉ですが、それは違います。
断じて違います。
代表選前から、繰り返しいってきたことですが、
代表選では、小沢派は、小沢氏以外の人物を擁立して戦うべきだったのです。
強制起訴リスクのある小沢氏では勝てるはずがなかったのです。
代表選も、そして自民党との戦いでも。
(実際、私が言ってきたとおりになりました)

当時から、自称「小沢支持者」から誹謗中傷を浴びせられながら、
何回でもこう繰り返し言ってきました。

小沢派は、小沢氏以外の人物を擁立して、
代表選を戦うべきだったのだ。


もし、小沢氏が首相になっていたら、国会は完全にストップ。
民主党政権は、今頃、内閣総辞職か解散総選挙を決断せざるをえない苦境に立たされていた。

で、今、小沢派はどうするべきか。
それは、次期代表選をにらんで、
小沢氏以外の首相候補を擁立することを考えるべきだ。
小沢派なら、原口前総務相か細野前幹事長代理か。
鳩山派なら、小沢鋭仁前環境相か。
鳩山派は、先の代表選でバラバラだったから、
鳩山派から候補者を擁立し、これを小沢派が応援すれば、勝てる可能性が高い。

それしか有り得ないでしょう。

2010.10.29 | URL | シラス大地 #- [ 編集 ]

≫TPPは小沢さんも支持していたはず…だから小沢さんは農家に対して戸別補償をして農家を保護するといわれたのです……

一人の農民として意見を言わせてもらいますが、農家に対して補償をすればするぼど日本の農業は衰退するのです
農民から働く場所をうばわないでください
農民にサラリーマンになれといわれるんですか、民主党の人たちは

日本の食料自給率を上げるのが一番大切なことだということが、全然わかっていらっしゃらない、民主党の人たちは

2010.10.29 | URL | たぬき #dQXbMvTE [ 編集 ]

ゲンダイを応援しているのだとわかるように、こちらのリンクをしっかりつけていた方が良いと思うのですが。
日刊ゲンダイ定期購読
http://gendai.net/wp/?p=64 

トラックバック:0 - http://octhan.blog62.fc2.com/tb.php/7-a17d6c43

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。