ゲンダイのみかた

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/23(木) 21:43:19

[小沢一郎] 剛腕小沢の逆襲が本格化する

“追い詰められ離党”は本当か?
タイミング計り党を菅から奪い取る

「占い師に『あと60年生きる』って言われたんだ」
小沢一郎元代表は、最近、会合でこんなことを口にするという。現在68歳。さすがに60年は大げさだが、やり残した仕事がそれぐらいたくさんあるという気持ちの裏返しだろう。そういえば、支援者が開いた忘年会でも、小沢は今の心情をこう話していた。

「小平は、68歳の時に文化大革命で地方に飛ばされた。しかし、艱難辛苦(かんなんしんく)の末に帰ってきて、改革・開放で経済成長路線へ導いた。私も68歳です」

政倫審出席を蹴った小沢に対し、大マスコミは「次は証人喚問だ」「執行部は離党勧告も辞さない」などとまくし立てる。“追い込まれる小沢”という構図に持ち込むのに必死だ。

しかし小沢は、菅首相のように“近視眼的”ではない。もっと長いスパンで政治をとらえ、官僚主導国家ではなく、「国民の生活が第一」の国に変えなければならないという信念を持ち続けている。「強制起訴されたら、裁判で長ければ2、3年働けない」というが、政権交代を実現するまでにかかった年月に比べれば、2、3年なんてたいした長さではないのだ。焦っているのは菅の方だ。

「菅―岡田は、小沢さんが拒否しても議決で政倫審に引っ張り出すつもりだったから、野党がまさか議決に反対するとは思ってもいなかった。『証人喚問』は想定外です」(官邸事情通)

来年は1月13日の党大会で地方が火を噴く、と小沢に言われたことも菅を追い詰める。それで、「1月12日に小沢強制起訴。その後、離党勧告」とかいう、あからさまな情報まで流され始めた。

だが、小沢は現状を達観している。自分から党を割ることはない。小沢に近い議員はこう言う。「小沢さんは、『これだけバッシングされたら普通(政治的に)死んでいる。俺だから平気』『勝負は、劣勢の時に我慢できるかだ』と言います。先に動いた方が負け。離党する気なんてサラサラない」

菅と直接会談の前、小沢は側近に「一切動くな」と指示していた。
むしろ、小沢は党を菅から奪い取るつもりだ。指導力のない菅に対する不満を党内に充満させ、タイミングを計って執行部を乗っ取るシナリオさせ練っているという。

小沢の逆襲は、静かに始まっているのだ。

(日刊ゲンダイ 2010/12/22 掲載)

問題は、2、3年先に小沢政権が誕生したとき、この国は“立て直し不能”な状況になっていなければいいですが…。

   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

小沢「やっぱりイラ菅、肩が凝った」
「ずいぶんと感情的になっていた。情けなかった」――20日の菅・小沢会談について、当の小沢元代表はこう明かしたという。
20日夜、側近議員ら約20人と都内の料理店で懇談した際の発言だ。

菅首相との会談で、小沢は「挙党態勢を築いて欲しい」と言ったが、菅は政倫審への出席をめぐる発言に終始し、そのうち興奮してきた。

「やっぱりイラ菅なんだな。冷静に話をしようと言ったが、何度も同じ話を一時間半も繰り返され、堂々めぐり。ああいう菅さんを見たのは初めて。肩が凝った」
小沢は首筋に貼った湿布を見せながらこう漏らしたという。

席上、小沢は国会招致を求める菅首相と岡田幹事長について「仲間じゃない」とも言い切った。

(日刊ゲンダイ 2010/12/22 掲載)

ゲンダイじゃなければ報じてくれない内容です(~o~)

【ゲンダイネット】
音信普通!? 周囲が心配する高齢妊婦 野田聖子の近況 (12/22)

小沢憎し発言を繰り返す渡部恒三の害悪 (12/20)

●日刊ゲンダイの購読はこちらを⇒ゲンダイオンライン

スポンサーサイト
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する

2010.12.31 | URL | #- [ 編集 ]

情報の後出し乙

で、地方公務員に税金の無駄遣いして欲しく無いって思ってる声の方が多いってどこ情報ー?

それってどこ情報よー?

2010.12.25 | URL | 逆張り王子 #gKumvUXs [ 編集 ]

半造さんへ
なんで素直にうらやましいといえないのでしょうか?
そんなに公務員の生活がうらやましいなら自分が公務員試験を受験すればいいじゃありませんか?
できもしないくせに愚痴をこぼすならそれはただの泣き言にすぎません。
バブル期には公務員なんてばかのなるものだと、表立ってではないにせよ、ひそかに笑いものにしてきたんじゃありませんか?

とにかくも「自分より楽を、自分より得をしてるっぽい誰かが許せんッ!」という態度では真の敵を見失うでしょう。
相応の給料を払わない、威張り屋で自分だけが得をしようとする、実力的にも人間的にも買えない軽営者を、思い上がらないようにチトこらしめてやるにはどうしたらいいかを考えるのが、建設的な脳みその使い方と推察いたします。

2010.12.24 | URL | 半造 #FXbBe/Mw [ 編集 ]

   「小沢には総理になって貰いたくない」・・・そう思っている地方(=痴呆)の役所の人間は、自分たちがその100万倍の強さで地元民から「こんな税金の浪費、無駄遣いはしてほしくない・・・」と愛想を尽かされていることを知るべきです。この不況下に地方公務員なんぞ仕事を数年で呑み込めば、後は手厚い福利厚生も手伝って、預金が貯まる一方で、海外旅行を何度もして金を使うしかないのです。親族にいますから生活はよく分かります。贅沢ではないのですが、すべてに「手厚い報償」が付くのです。小沢総理の下、真の民主主義へ遅くとも大きな一歩を踏み出したいものです。

  私は若い頃、公務員3種の試験に面接でも合格したことがあります。でもその面接官の質問の態度・内容に「拝金主義・要領良さの腐臭」を感じて合格をキャンセルしました。海老蔵事件を見て「海老蔵夫妻、羨ましい・・・!」と嘆息できる人は異常だと思います。まだまだヒヨッコの私でさえ、そんな人生観を持っているのです。腐臭が充満する貴殿のご指摘は冷笑一瞥ですぐに忘却してしまうことは言うまでもありません。ちなみに、親族の知り合いで海外旅行に数十回行っている、その「回数」を自慢していた地方公務員の方は若くして(40代?)亡くなってしまったそうです。公務員は旅行に行くな!と言っているのではありません。民間人がどんな社会状況で納税しているのかを踏まえ、それをご自分の勤務態度に少しでも反映させたら如何ですか、政治改革のご意見を持ったら如何ですか?と思っているだけです。全く羨ましくはありませんw 価値観の喪失は自分自身に跳ね返ってくるからです。貴殿の異常さ、人間性の喪失にただ寒気を覚えるだけです。拝金主義による良心の棄却は現代の世相ではごく「当然」の「オトナの判断」とされているからです。公務員はそのような人たちが多数派の筈です。それは国家社会の弱体化に繋がるのではありませんか?古賀さんは損を覚悟で告発したのです。その行為に妥当性・実効性と理念・大義があると信じて。貴殿とは違う人もいるのですよ。歳末なのにホントに「バカ丸出し」ですね。

  経営者は皆リスクを背負っています。能力の偏重や理想と現実とのギャップは誰にでもあることです。でも彼(女)は会社を興しています。その「重さ」を税金の寄生虫に安全地帯から「軽い」という一言で片付けられたくはありません。ダメダメ一人社長の失敗もやはりそれだけの人生経験を積むわけですから、貴殿の表現には重ね重ね「人間的軽さ=強い腐臭」を感じるだけですね。仕事や労働に関して、「楽して得する・偉い←→隷属」にしか焦点が合っていない貴殿の意識は幼稚園児以下、とさせていただきますw 勿論更生などは全く以て期待していませんので、くれぐれも勘違いしないで下さいね。週刊プレイボーイの小島慶子サンのグラビア、必見です!w

2010.12.24 | URL | 川内ガラッパ #- [ 編集 ]

民主党の小沢幹事長がやったことを思い出すと、この人には総理になってもらいたくない…地方の役所の人間だったら、みんなそう思っている

民主党幹事長時代に小沢は良いことは何もやってない…地方の人間には特に冷たかったことを地方の人間は忘れていない…恫喝という言葉が小沢のキーワードになったくらいだから

小沢が政権を取りさえすれば日本はよくなる…既にカルト化かしている小沢教信者の幻想というより妄想と言ったほうがいいだろう

トラックバック:0 - http://octhan.blog62.fc2.com/tb.php/32-bfc14fab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。