ゲンダイのみかた

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/19(日) 22:12:15

[経済・金融] 愚劣政治がもたらす悪魔の税制

社民党との関係修復や公明党への擦り寄り、ついには自民党との大連立まで視野に入れ始めた民主党。統一地方選の前哨戦たる茨城県議選でも惨敗して、もはや後がない。
彼らはしかし、強力な切り札を用意している。消費税の大増税だ。

なにしろ本家本元の自民党が逆らいにくい。財務省を味方につけ、法人税減税とセットで財界のご機嫌も取れる一石二鳥。はたして週末には、菅直人首相自ら本部長を務める政府・与党社会保障改革検討本部が、来年半ばまで税制改革案をまとめる方針を固めた。

低所得者ほど負担が大きい消費税の逆進性の欠陥など、権力の亡者たちには眼中にない。価格に転嫁できないのに納税義務だけは負わされる中小零細の事業者が軒並み廃業し、巷に自殺者や失業者があふれることになる必然も、本欄で繰り返してきた通りだが、今回は新たな考察を加えよう。

デフレと消費税の関係だ。消費税こそがデフレ経済をこれほどの惨状に至らしめた可能性である。
金融政策うんぬんの議論も大事だが、商取引の末端にも注目されたい。私自身の、零細自営業者としての現実を聞いてくれ。

私の仕事の対価である原稿料は、数年前まで手取りの金額で示されるのが常だった。400字詰め原稿用紙1枚5000円と言われれば、額面5555円から1割分の555円が源泉徴収される一方で、消費税分(額面の5%)が上乗せされた5278円が銀行口座に振り込まれた。

ところが近年は、5000円と言ったら何もかもコミコミで5000円を意味するのが普通になってきた。1割の源泉が引かれた4500円しか振り込まれない。消費税分も内税のひと言で済まされる。従来の商慣習に照らせば、1枚5000円だった手取りの原稿料が、いつの間にか4200円ちょっとに目減りさせられているのだ。
これだけでも私は、ざっと2割減のデフレ生活を強いられている形だが、いかがだろう。あらゆる分野で、同様の現象が起きているのではないか。

バブル経済のただ中で導入された消費税は、数多(あまた)の便乗値上げを誘った。現在の消費税は、不景気のどん底で中小零細の商売をことごとく叩き売りにおとしめている。どちらに転んでも、消費税は常に弱い立場の人間をいたぶり、むしり取っていく。

愚劣な政治にふさわしいといえばふさわしい、悪魔の税制。そんな政治を許しているのは私たち有権者に他ならない。

▽さいとう・たかお 1958年生まれ。早大卒。イギリス・バーミンガム大学で修士号(国際額MA)取得。日本工業新聞、プレジデント、週刊文春の記者などを経てフリーに。「経済学は人間を幸せにできるのか」「消費税のカラクリ」など著書多数。
【斎藤貴男 二極化・格差社会の真相】より

(日刊ゲンダイ 2010/12/14 掲載)

筆者は8月の特集記事でこう書いています。
「消費税とはわずかな弱者の富を強者に移転する税制」―。
そして、中小零細の下請け強者の嘆きです。
「元請けさんに消費税税分を請求し、払ってくれたとしても、必ずそれ以上の値引きを強いられる。いくら働いても儲からないのです」―。
一般庶民は、5%はわずかなものと感じるためか、消費税アップも仕方がないかと思ってしまうかもしれませんが、だまされないように。


【ゲンダイネット】
上場企業の7割が法人税を納めていないのだ【田中康夫 にっぽん改国】 (12/15)

伸び率トップがニュージーランドの不思議 (12/18)

●日刊ゲンダイの購読はこちらを⇒ゲンダイオンライン

スポンサーサイト
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する

2010.12.21 | URL | 半造 #FXbBe/Mw [ 編集 ]

  週刊ポスト新年号の表紙は池田大作(脳死中?)のお気に入り、石原さとみの美しい笑顔!しかし中身は小沢一郎・激白120分(次号に続く)!五木先生の「下山の時代」も本紙コラムの愛読者には必読ですよ!特捜班のグランプリボス・・・畏れ入りました!

トラックバック:0 - http://octhan.blog62.fc2.com/tb.php/30-a5e7e0b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。