ゲンダイのみかた

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/11(土) 23:44:38

[霞ヶ関・天下り問題] 大阪高裁元判事が告発する「最高裁10億円裏金」疑惑

これも長期自民党政権のツケか
国民は一体何を信じたらいいのか

小沢の政治資金問題なんてカワイイもんだと思えてしまう。10日に東京地裁で判決が出る最高裁判所の「裏金」疑惑問題のことである。何しろ金額がハンパじゃない。しかも告発者は大阪高裁判事まで務めた元裁判官だ。新聞

テレビはネチネチと小沢問題を報じるより、こちらの方を追及するべきじゃないのか。
「日本の主権者は、犯罪人による裁判を受けているのです」――。こう話すのは香川県弁護士会所属の生田暉雄氏(69)だ。生田氏は70年から22年間、裁判官を務めた。そんなベテランの元判事が追及しているのが最高裁の「裏金」疑惑である。

「裁判官は任官して10年間は判事補。再任を経て判事となり、給料は8号から上昇し、任官20年目までで4号に昇給します。ところが21年目以降、3号に昇給する裁判官と4号のままの裁判官が出てくる。3号の報酬は月額106万9000円なのに対し、4号は90万6000円。この差はボーナスや調整手当が加わると年収で500万円以上の差が付くことになります。しかし、4号から3号になる要件、期間は一切、最高裁から示されない。これが、裁判官の世界でいう『3号問題』と呼ばれるものです」(生田氏)

最高裁が昇給基準を明確に示さない理由は何か。そこに“裏金”の存在がある。生田氏の解説はこうだ。
「最高裁は、3~1号に該当する裁判官全員分の予算を獲得し、各号のそれぞれ3分の1の人しか昇給させず、残った予算を『裏金』にしているのです。この金額は少なく見積もっても年間10億円は下らない。これまでに計600億円が流れたとみています」

生田氏はこうした現状を明らかにしようと、7月、会計検査院に対して行政文書の開示を請求。しかし、不開示決定が出たことから、処分取り消しを求めて提訴。10日に東京地裁で判決が出る予定だ。

「最高裁は裏金で学者などを手なずけ、批判的な論文を一切書かせないようにしている。一方、現場の裁判官は明確な昇給基準がないから、最高裁の顔色をうかがう『ヒラメ裁判官』ばかりが増える。どちらにしても、行政訴訟で敗訴の判決を出さないように“統制”しているのです。ドイツでは年間50万件ある行政訴訟が、日本はたった1800件しかない。しかも原告が勝訴するのは一割です。これでは成熟した市民社会とはいえません。10日の判決には期待していませんが、裁判を知った多くの人から『支援したい』との声が寄せられています。今後、公文書公開訴訟が起こされれば、代理人を務めようと考えています」(生田氏)

検察だけでなく、最高裁まで「裏金」に手を染めていたとすれば驚愕(きょうがく)だ。この国の司法は本当に信頼できるのか。こんな重大な問題を見過ごしている司法ベッタリの大新聞テレビの責任は重すぎる。

(日刊ゲンダイ 2010/12/09 掲載)

小沢問題や海老蔵事件で騒いでいる場合じゃない!
今日のゲンダイの1面記事は海老蔵事件だけど…。
全く関心がありません。


【ゲンダイネット】
美人すぎる秘書が永田町復帰 (12/11)

茨城県議選 民主党国会議員 大量投入のアホらしさ (12/10)

人の口には戸は立てられない【田中康夫 にっぽん改国】 (12/08)

●日刊ゲンダイの購読はこちらを⇒ゲンダイオンライン

スポンサーサイト
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する

2010.12.12 | URL | 半造 #FXbBe/Mw [ 編集 ]

  海老蔵事件も愚連隊の犯行正当化、という点では不法な検察ファッショ、ナベツネの独断専行による大連立と根っこは同じです。「俺も悪かったけれども、あいつはもっと悪いんだ!」の世界です。法治主義が機能していない、無法・不法な弱肉強食社会です。そう、「北斗の拳」の世紀末の風景です。

  自らの黒い癒着と不正・裏金の隠蔽のために国民から更なる搾取を目論む旧勢力の売国奴連合が「自作自演」で小沢事件をでっち上げている狂態は、働く生活に忙しい庶民階層には直観的に理解されている筈です。また選挙で惨敗し「小沢を切らなきゃ政局が持たん!」という破綻した詭弁を以て小沢一派を切ります。結局、こいつらが悪いとかいう以前に、創価学会や前原一派をここまで増長させて奴らから追われている小沢さん側に「自分の力を過信した、他人を観る眼がなかった、見通しが甘すぎた」という批判は向けられるべきです。小沢主導で民主党が息を吹き返しても、その時に再び前原一派が台頭して小沢派を排除しますよ。そしてこのように選挙に連敗すれば「小沢さんがきっと助けてくれる」と信じて沈黙して待っているのです。もういい加減お人よしは止めて前原一派の政治責任を党内で徹底追及し、凌雲会の離党か、小沢グループの離党かを決断するべきです。軍産暴複合体を数合わせで助長するのはもういい加減にして貰いたい。それとも将来前原や菅直人が国民の生活向上を図る側に転換したら「俺たちの力だ!」と鼻息荒く自信を持つのですか?そんなの嘘に決まっているでしょう。

  能力不足云々という前に、「嘘つき」には政治・検察・官僚の権限維持はできません。誇張や比喩脅迫ではなく、この国は衰亡の道をまっしぐらに進んでいます。暗い世相の裏返しとして日本神話や日蓮宗の幻想に逃避し、気分は龍馬や秋山真之で原爆投下や敗戦占領の顛末(でもそれが世界の常識!)はすっかり忘れているのですから。

  世論調査がどうであれ、国民の投票は民主党小沢代表に大いに期待し、菅代表にノーを突きつけている事は鮮明なのですから、問題は国民投票数の不足にではなく、正気の代議士・官僚の絶対的な人材不足と、正気の側の党内抗争・権力闘争の脆弱さ、人間の弱さ・邪悪さに対する見通しの甘さにあるといえるでしょう。

  読捨新聞とCIA http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/06-02/060208amaki.htm

  後はここまで腐敗が進行している日本中枢の改革を、小沢政権によって日本人の手で進めるのか、菅・前原・進次郎らの民主・自民・公明大連立政権によって腐蝕を極限まで押進め、日本解体、原爆投下~敗戦のように日本政権を一旦壊滅させて、外圧(米中による占領植民化)による民主主義の進行に期待するのかだと思います。エロマンガ規制や宗男収監・愚連隊礼賛など、現代の治安維持法や軍産複合体による全体主義への黒い強制は着実に進んでいます。「こういう腐敗は断固摘発する!」と大見得を切ってきた菅さんは現在、伸子夫人と高級外食三昧・・・当然このような態度の国民も今後さらに増えてくることでしょう。「選挙で勝てるから」と菅に嬉々として投票した民主党の痴呆議員も含め、自縛自滅行為なのは明らかなのに、「時代の趨勢だからイケイケ~」なんですね。議員失格・人間失格です。

  更生不能者は彼らの意思を尊重するとしても、そうでない正気の国民は、自らの生き残りと正気の社会を求めて何らかの手を打たなくてはなりません。権限を持つ愚連隊の言うがままに、不正をしなければ金が稼げない社会になれば、そのツケはモロに当人に還って来るのです。もはや小沢依存では間に合わない水域に突入したのかも知れません。

トラックバック:0 - http://octhan.blog62.fc2.com/tb.php/27-6fa0ea5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。