ゲンダイのみかた

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/08(水) 04:32:12

[政治(菅政権)] 明日のことを考える時間も余裕もない無能首相

前代未聞のでしゃばり首相夫人、菅伸子さんが週刊文春のインタビューに登場したのは先月末のこと。無能、スッカラ菅の亭主に対する批判を何とかして和らげようと出てきたのだが、政界関係者は腰を抜かしていた。「首相失格」を決定づけるエピソードを夫人がペラペラしゃべっていたからだ。

「国会がある日はレクがあるので、朝は遅くても5時半起き、誰かと相談したいと思っても、その時間が取れないというのはやはり大変でしょう。自分で考える時間を作るなら、夜更かしするしかない。(中略)誰がやってもこのスケジュールはきついですね」

伸子夫人はこう言ったのだが、ウソではなかった。臨時国会が終わった先週、菅はグループの中堅議員に「予算が成立して、初めて時間がとれるようになった。ようやく今後のことを考える時間ができたよ」と漏らしたというのである。

いやはや、「まさか」と思っていたが、危惧した通りだ。つまり、この首相は今日の国会対応がのことで頭がいっぱいで、明日のことすら考える余裕がないのである。

「私は5時半に起きるという話を聞いてビックリしました。首相は大体、9時、10時出勤、公邸から官邸に移動するだけだから、直前まで寝ていてもいい。いくらレクがあるといっても、1時間半から2時間くらいの余裕を見ておけば十分です。それなのに菅さんは出勤前に3、4時間も勉強するのでしょうか」(元大臣秘書)

一夜漬けの受験生みたいだが、それで合格点が取れればまだしも、菅は“赤点”続きだからしょうがない。行革担当相補佐官だった原英資氏(現政策研究大学院大学客員准教授)は「そんなに勉強していてあの答弁なのか」と驚き、「考える時間がないなんて、よく言う。夜は同僚議員と飲んでいるじゃないですか」と呆れていた。時間がないのではなくて、考える余裕がないのである。

ついでに言うと、菅はひとりで昼食を取る。レクや国会答弁で疲れ切るので、人に会うのも億劫(おっくう)、面倒になるのだろう。

そういえば、夜の会合は気心が知れた仲間うちの議員ばかりだ。経済人とも会おうとしない。だから、情報が入らない。思考の幅が広がらない。これじゃダメだ。

総理大臣は24時間が仕事で忙しいのは当たり前なのに、菅は日々の対応に追われ、忙しさとストレスでヘタっている。それを夫人に愚痴る。そこに不祥事、国際的緊張、舌禍事件が畳み掛ける。ますます、首相はオロオロ、ドタバタ――。
どうしようもない首相ではないか。要するに、この男は総理大臣の器じゃないし、キャパがないということだ。

ふつう、こんな展開になれば、気づくことがある。
自分には首相は無理だ、ということだ。国政の混乱、経済の停滞、外交の迷走を考えれば、潔く身を引く。それが当たり前なのに、菅は「石にかじりついても」とか言って、権力にしがみついている。

不思議だし、恐ろしいことだ。身の程知らずの亡国首相に、日本はぶっ壊されてしまうのではないか。
(以下略)

(日刊ゲンダイ 2010/12/06 掲載)

  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

その隣の記事ではこう書いています…
それでもやめられない高級外食三昧
何が「熟慮の国会にしたかった」だ―。もはやレームダック状態の菅政権。永田町では1月解散説も流れ始めているが、当の本人はどこ吹く風。相変わらず高級料理に舌鼓をうつ毎日だ。

国会は仙谷官房長官や馬淵国交相の問責決議が参院では可決され、野党が審議拒否のまま終了するという異例の事態。にもかかわらず、菅は5日(日)夜も、東京・武蔵野市の日本料理「きんとき」で伸子夫人とノンビリと夕食を楽しんでいるから緊迫感ゼロだ。
(以下略)

<麻生元首相のバー通いについて「庶民感覚からかけ離れている」と批判していた菅首相。自分が今同じことをやっている。9月の代表選で叫んでいた「1に雇用、2に雇用」はどうなったのか。やることなすことすべてデタラメだ。>
と締めています。
(日刊ゲンダイ 2010/12/06 掲載)

菅政権への批判ばかりも疲れることです。「明日の日本をどうしたらいいのか」、皆で考えていくときなのに…、どうしようもないです。

※記事全文はこちらを⇒ゲンダイオンライン

【ゲンダイネット】
倒閣狙う自民党のセンスの悪さ (12/07)

部下に手を出した 片山総務相の“お盛ん” (12/04)

●日刊ゲンダイの購読はこちらを⇒ゲンダイオンライン

スポンサーサイト
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する

2010.12.09 | URL | 独ソ戦研究者 #zGKIsxZQ [ 編集 ]

“ラーメンライス”の好きな全共闘世代として、菅さんの美食三昧には共感している。食うものまで詮索してくれるな。それに、このような贅沢をしたくて、ここまで頑張ったのだよ。家では“卵かけご飯”党なのだ。貧相なゲッベルスよりもビール腹のゲーリングのほうがいい。ただ気になるのは、アル中特有の“起き抜け顔”だ。息も相当臭いそうだ。しかしエリツィンというアル中でもロシア連邦大統領がつとまったのだから、こんなちっぽけな半独立国にとっては、菅さんでもなんら心配はいらない。官僚組織は磐石だ。鳩山さんのように、自立的な人物が首相になるより、よほどありがたいというところだろう。

2010.12.08 | URL | 半造 #FXbBe/Mw [ 編集 ]

  菅と海老蔵が余りにも不甲斐ないので、高田純次の曲を試聴しませう!
     http://musico.jp/contents/player.aspx?id=t10NXF&p=internal
  買ってね!w 五木先生、扁桃腺お大事に!

トラックバック:0 - http://octhan.blog62.fc2.com/tb.php/25-b623fb52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。