ゲンダイのみかた

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/01/18(火) 16:31:09

[霞ヶ関・天下り問題] 霞ヶ関に屈服した菅内閣<6>

霞ヶ関はどんな世界か

――霞ヶ関はどんな世界ですか。

いまでも忘れない印象的な上司の言葉があります。かつて通産省が投資家保護のために、リースクレジット債権の金融派生商品の安全性をチェックして、国がお墨付きを与えるという法律をつくりました。それに伴って審査する財団もつくった。当然、そこへ通産官僚が天下りするという構図です。理事長がキャリア、事務局長がノンキャリアです。

数年後、私が「ある程度年数が経って周知されたから、もう必要ないのでは」「法律を廃止しましょう」と提案したのです。その時、当時の上司から言われた言葉です。

「いやあ、寂しいねぇ」と。その上司が言うには、「確かに理想は君の言うとおりかも知れないけど、君の立場は、たとえ外部からこの法律を廃止しようと言ってきても、最後まで体を張って反対することじゃないのか」と。もちろん、「財団が廃止になれば仲間の就職先もなくなるんだぞ」

――その時どう思ったか。落胆とか怒りとか。

ああ、そんなふうに考えるのかと思いましたね。むしろ、まともだと思っていた自分の方がおかしいのかなとさえ思ったものです。

要するに、霞ヶ関共同体、互助会、共同組合、みんなで支え合っていこうという空気が強いのです。みんなの生活は守って行きましょう。いま直接、自分が得するかどうか別にして、組織全体のことを考えて、先輩の生活も良くなるし、自分も将来、役所に世話になるからという考え方です。それなのに合理的なわけです。(おわり)

[インタビュアー] ジャーナリスト・BS11キャスター 鈴木哲夫
※古賀茂明 1955年生まれ。麻生高、東大法卒。80年に通産省入省。事務次官の登竜門とされる大臣官房課を経て、産業組織課長など中枢を歩む。前公務員改革事務局審議官。現在は大臣官房付。

【改革官僚が語る~霞ヶ関に屈服した菅内閣】より

(日刊ゲンダイ 2010/12/28 掲載)

こんな官僚と菅政権は戦えるでしょうか?
こういう状況は、霞ヶ関に限らず大企業を中心とした民間企業でもある…。


【ゲンダイネット】

大丈夫か、民主党!? 党幹部人事のア然、ボー然 (1/17)

●日刊ゲンダイの購読はこちらを⇒ゲンダイオンライン

スポンサーサイト

2011/01/15(土) 07:00:09

[霞ヶ関・天下り問題] 霞ヶ関に屈服した菅内閣<3>

民主党は「政治主導」の本当の意味が分かっていない

――古賀さんが直接、体験した「政治主導」の例について教えてください。

「通産省の産業組織政策室長だった94年頃のことです。持ち株会社を禁止する『独禁法第9条』の改正という大仕事に挑戦しました。

当時、持ち株会社を禁じているのは、世界中で日本と韓国くらいでしたが、戦後、GHQが『財閥解体』のために制定したこともあって、9条の改正はタブー視されていました。

省内でも誰ひとり手をつける者がいない。出来るはずがないだろう、という空気でした。研究会を立ち上げることさえ一苦労です。誰も委員になってくれない。名だたる学者はことごとく拒否された。大新聞も軒並み、社説で『財閥が復活する』と反対。自分自身、とんでもないことを始めてしまったと思ったものです。

ところが、自社さ政権の通産大臣だった橋本龍太郎さんが決断したのです。
国会答弁のレクチャーでご説明しました。与えられた時間は数分。うなずきながら話を聞いて、『分かった。大事だな』と一言。その後、国会答弁で『(持ち株会社解禁について)積極的な検討をさせていただきたい』と答えたのです。おそらく、橋本さんは自分でも勉強したのだと思います。これがキッカケとなり、97年には橋本内閣によって独禁法が改正されています。

これこそ『政治主導』でしょう。役人が理論武装して、選択肢として挙げた政策を、政治家が必要だと判断したら強い反対があっても断行する」

――橋本内閣の頃、通産省は改革の旗振り役でした。

「橋本さんが通産大臣から総理になった頃、通産省も改革派が主流で、私もその一員でした。ところが、橋本さんのあとの自民党政権が再びバラマキ路線に振れると通産省もそっちに乗ってしまった。小泉さんが再び構造改革路線に転換したけど、経産省はもう切り替えられなかった。そこが経産省の改革が止まってしまった最大の転換期なのです」(つづく)

[インタビュアー] ジャーナリスト・BS11キャスター 鈴木哲夫
※古賀茂明 1955年生まれ。麻生高、東大法卒。80年に通産省入省。事務次官の登竜門とされる大臣官房課を経て、産業組織課長など中枢を歩む。前公務員改革事務局審議官。現在は大臣官房付。

【改革官僚が語る~霞ヶ関に屈服した菅内閣】より

(日刊ゲンダイ 2010/12/22 掲載)

バブル景気に思いっきり”急ブレーキ”をかけた橋本龍太郎は評価しないけれど、そんなことがあったのか。全6回です。

●日刊ゲンダイの購読はこちらを⇒ゲンダイオンライン

2011/01/11(火) 19:06:20

[霞ヶ関・天下り問題] 霞ヶ関に屈服した菅内閣<2>

役人が自分で待遇を決めている民主党の「公務員改革」

―――10月15日に国会に参考人として出席したことで注目を浴びました。

参考人として呼ばれることが決まった以上、選択肢は2つしかない。「職務外なのでお答えできません」と言うか、きちんと私の考えを言うか。結局、公務員改革を放っておけば大変なことになるという気持ちが強く、考えを話したのです。答弁席に歩いていくギリギリまで迷いましたけどね。

現役官僚でありながら、私が“公務員改革”を訴えているのは、危機感からです。日本は未曾有の危機に直面しているのに、いまの公務員制度のままだと日本のために必要な政策が出てこないと懸念しています。

しかも、いま民主党が進めようとしている“公務員改革”は、役人が作った案です。自分たちの待遇を自分たちで作っているのです。本当にこのままでいいのだろうか。違う意見があるということを誰かが発信しなくてはならないと思ったのです。

公務員制度の大きな問題は、公務員が国民のために働く仕組みになっていないことです。国のためではなく、役所の利益になるかどうかが基準になっています。

―――古賀さんの出張報告を国会に提出する時、幹部が一部を改ざんして問題になった。

驚きましたね。国会に対してそんなことをするのですから。そんな子供みたいなことをすれば必ずバレます。でも、役所にとってまずいと、省益だけを判断基準としているから幹部が削ってしまったのでしょう。

まずは、人事評価のシステムを変えることです。これから思い切り日本を変えていこうという時に、省益を評価基準にしていては、大きな政策が出てくるはずがありません。

新しい政策を生み出すためには、改革意欲のある若手官僚を登用したり、民間の有能な人材を活用することです。イノベーションを生む原動力になる。結局、政策は“人”なのです。

しかし、優秀な若手や民間人を登用するためには、古い幹部には退いてもらわないといけない。ポストを空けるためです。ところが、いまの公務員制度には、降格の仕組みがない。局長や部長の身分保障をなくさなければそれができない。(つづく)

[インタビュアー] ジャーナリスト・BS11キャスター 鈴木哲夫

※古賀茂明 1955年生まれ。麻生高、東大法卒。80年に通産省入省。事務次官の登竜門とされる大臣官房課を経て、産業組織課長など中枢を歩む。前公務員改革事務局審議官。現在は大臣官房付。

【改革官僚が語る~霞ヶ関に屈服した菅内閣】より

(日刊ゲンダイ 2010/12/21 掲載)

「政策は“人”なのです」――。どんなに立派な政策や法律を作ろうとも、すべては“人”なりですねw

●日刊ゲンダイの購読はこちらを⇒ゲンダイオンライン

2011/01/10(月) 22:05:19

[霞ヶ関・天下り問題] 霞ヶ関に屈服した菅内閣<1>

古賀茂明
菅政権の「公務員改革」のやる気のなさを国会審議の場で堂々と批判し、仙谷官房長官から「恫喝(どうかつ)」された経産省エリート官僚の古賀茂明氏(55)。古賀氏は霞ヶ関きっての「改革派」として知られる。なぜ、菅内閣で「政治主導」が進まないのか、なぜ「公務員改革」が必要なのか聞いた。

人事で“政治主導”を縛らないのが間違い
―――民主党は「政治主導」「脱官僚支配」を掲げて、政権に就いたはずでしたが、菅内閣はすっかり官僚に取り込まれてしまいましたね。

「全くの私見ですが、官僚といきなり事を構えるのはよくないという計算が働いたとしても不思議ではありません。財務省と全面戦争をするのはやめようという判断をしたのでしょう。官のなかで“頼れる”のは、やっぱり財務省だからです。昨年9月の政権交代直後の概算要求の見直し、3カ月という短期間での予算編成、さらに、事業仕分けもあった。これらを成功させ、政権交代をアピールするためには財務省に協力してもらわなければできない。全面戦争はまずいことでしょう」

―――財務省は、藤井裕久大臣が代わった頃から本格的に攻勢に出た。菅財務相(当時)は、2月のG7財務相会合でポツンと一人孤立したり、自民党の国会質問に答えられず立ち往生したり、財務官僚がサボタージュしたのか、恥のかきっぱなしでしたね。

「真相はわかりませんが、そうしたことを経験すると、なおさら、これは財務省を敵に回しては何もできないと考えたとしても不思議ではありませんね。消費税発言の頃は完全に取り込まれたとも言われましたが、そういう背景もあったのかもしれませんね。民主党の失敗は、政権交代直後に“政治主導”を進めるための人事をやらなかったことです。民主党は、幹部職員には全員辞表を書いてもらう、と言っていたはずなのに、結局、実行しなかった。もし、この政策をやりたいから協力して欲しいと役人に求めたうえで、日付を空欄にした“辞表”を預かり、成果が上がらない場合は日付を埋めて辞めてもらうようにしていれば、いまのような事態にはなっていなかったはずです」(つづく)
[インタビュアー] ジャーナリスト・BS11キャスター 鈴木哲夫

※古賀茂明 1955年生まれ。麻生高、東大法卒。80年に通産省入省。事務次官の登竜門とされる大臣官房課を経て、産業組織課長など中枢を歩む。前公務員改革事務局審議官。現在は大臣官房付。

【改革官僚が語る~霞ヶ関に屈服した菅内閣】より

(日刊ゲンダイ 2010/12/20 掲載)

貴重な意見を語っています。
全6回、全部掲載する予定ですのでお楽しみに(~o~)


【ゲンダイネット】
指定弁護士が方針転換 小沢「来週にも強制起訴」は謀略か (1/8)

馬淵後任に辻元清美浮上で国交省マニフェスト骨抜き完勝 (1/7)

世の中に「乗宣節」があふれている
【高橋乗宣の日本経済一歩先の真相】
(1/7)

●日刊ゲンダイの購読はこちらを⇒ゲンダイオンライン

2011/01/04(火) 21:58:12

[霞ヶ関・天下り問題] 郷原信郎氏~ムダ飯食いの「岡っ引き」は地方で「現実」を学べ

検察改革元年~腐敗の楽園を変える近道
郷原信郎11
リーク情報の氾濫、調書デッチ上げ、証拠改ざん、冤罪……。2010年ほど検察の在り方が問われた一年はなかった。年が開け、検察改革「元年」となるか。検察組織の課題を指摘し続け、法相第三者機関「検察の在り方検討会議」の委員に選ばれた郷原信郎氏に抱負を聞いた。
「パライダイス(楽園)――。日本の検察制度を調査した米国人の著書にある言葉です。この本では日本の検察内部が抱える問題が詳しく指摘されているのですが、当の検察は、どこ吹く風。組織が腐敗しているとは全く考えていない。司法クラブなどの“従軍記者”から「最強の捜査機関」などとおだてられ。「裸の王様」状態だからです。

閉鎖的で、説明責任も果たさず、ガバナンス(統治)機能もない……。世の中で最も遅れた組織が検察です。増え続ける複雑な事件に対応するには、社会に目を向け、もっと敏感でなければいけない。しかし、内部で自己完結しているから適応できないのです。

証拠改ざん事件という、組織を根底からひっくり返すようなスキャンダルにも、検事総長が「信頼回復が私の責務」と居座ったのが、いい例です。民間企業のトップであれば即刻、辞任でしょう。常識では到底、あり得ない話です。

そんな検察を改革をするにはどうすればいいか。提案したいのは、人事や組織体制の見直しです。特に個々の検事が能力を発揮できる仕組みが必要。今は上司の「筋書き」に沿って、現場が手足のように動く。このトップダウンの仕組みを現場中心に変えるのです。

具体的には、東京や大阪の特捜部検事を地方の検察庁に分散する。そもそも、ひとつの部署に30~40人の“岡っ引き”を抱えても仕方がありません。それよりも、地方に人員的な余裕をつくり、検事がルーティンワークだけでなく、日常的に捜査現場に出られる態勢に変えるのです。現場に出て社会に接する機会を増やせば、独自のネタをつかむ可能性も高くなります。

決裁システムの改革も必要でしょう。検察捜査はこれまで、何重もの決裁を経て信用性が担保されている―と信じられてきた。しかし、証拠改ざん事件で“神話”は崩壊。捜査内容を把握しているのは現場の数人で、後は単に決裁を繰り返していたことがバレた。捜査機関には、ピラミッド型の霞ヶ関組織は向きません。ムダ飯を食べている中間層を削り、現場を厚くしたほうがいいのです。

「検察の在り方検討会議」は、設置した柳田前法相が辞任。方針は官邸も理解していると思いますが、民主党政権がおかしくなれば会議の存立基盤がどうなるか。

しかし、少なくとも私が委員になった以上、他で見られるような御用学者会議のように、お茶を濁すようなことはしないし、やらせません。

▽ごうはら・のぶお 1955年、島根県生まれ(55歳)。東大理学部卒業。83年、検事任官。東京地検検事などを経て、広島地検特別刑事部長、長崎地検次席検事、東京高検などを歴任。名城大学教授。

(日刊ゲンダイ 2010/12/29 掲載)

法相を兼務する仙谷官房長官の更迭も近いということだし、いっそこの方を法相にすればいいですが、菅政権ではそんな抜擢人事は望めないでしょう…。
なぜこんな組織になってしまったのか。年末に連載された「霞ヶ関に屈服した菅内閣」。菅政権の「公務員改革」を国会で批判し、仙谷官房長官から「恫喝」された改革官僚の古賀茂明氏の特集記事と相通じるものがあります。後日掲載したいと思っています。
蛇足ながら、郷原氏、古賀氏、いずれも昭和30年生まれで私と同い年。忸怩たる思いです。

それにしても、小沢さんに辞任を迫った菅首相にはあきれます。失敗を恐れ、責任転嫁も平気。自分が生き残ることしか頭にない自己保身もここまでやれば立派―というもの?バカタレが!!


とうとう東京で“菅隠し”が始まった (1/04)

樋渡前検事総長 退職金9000万円国庫に返せ (12/18)

   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

本日発売のゲンダイ一面トップの書き出しです
2010年は国と国民にとって、正念場の年になりそうだ。政権が壊れ、誰も経験したことのないような不況が鮮明になり、国際的な緊張が高まり、戦争前夜のような様相になっていく。これらは予測ではない。確実に起こることだ。国民は“覚悟”が必要なのである。続きは本紙を…↓m(__)m

●日刊ゲンダイの購読はこちらを⇒ゲンダイオンライン


 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。